ものかき夢想

ひたすらものかき

【SS】好きな数字

「羽曳野くん、好きな数字は何かしら」

「なんですか和泉さん突然。しかもさり気なく五七五調。僕は今日の晩ご飯の献立を考えるのに忙しいんですよ」

「そんなの後でもできるでしょうに」

「もう17時過ぎてるから遅すぎるくらいなんですよ。今月ピンチだから財布との相談も必然的に厳しくなってしまうんです」

「スーパーのお惣菜でいいじゃない。半額シールが貼られる頃合いを見計らうのよ」

「近所のスーパーはですね、夜になると僕みたいな大学生と節約術に取り憑かれている主婦が百鬼夜行のように群がるんですよ。だから半額どころか20%引きも確保できるかわからないんです。10%でやっとです」

「ふーん。で、好きな数字は?」

「お構いなしですか。あまり深く考えたことはありませんけど、ラッキーセブンの7ですかね」

「自分で聞いといて言うのもなんだけど、普通ね」

「普通で悪かったですね。そういう和泉さんはあるんですか、好きな数字」

「私?28。その次に6よ」

「スッと出てきましたね。それもふたつも。何か意味でもあるんですか」

「このふたつの数字を聞いて何かピンとこないの」

「こないです」

「即答ね」

「うーん……誰かの背番号ですか?28って誰だろう」

「背番号は惜しいけど、私が好きな理由ではないわね」

「惜しいんですか。ちょっと意外です」

「意外って何よ」

「いえ、和泉さんってなんとなくスポーツとか観ないイメージがあったので」

「羽曳野くんほどじゃないけど、私だってスポーツ観戦はするわよ。アメフトとラグビーの区別はつかないけど」

「それは僕も同じです」

完全数だからよ」

「え?」

「だから、私が28と6が好きな理由よ」

「あ、あぁそういえばそんな話をしていましたね。唐突すぎて混乱しました」

「さっきからずっと同じ話しかしていないわよ」

「多分そう思っているのは和泉さんだけです。ところでその完全数ってなんですか」

「自分以外の約数の和が元の数になる自然数完全数とよぶのよ。試しに計算してみなさいな」

「……あ、6も28も確かに約数を足すと元の数字になります。面白いですね」

「そうでしょう。この数の存在を知ってから好きな数字を問われると28か6と答えるようにしているの」

「就活でも好きな数字とその理由を聞いてくる会社があると聞いたことがあります。いいことが聞けました」

「そんなヨコシマなことに使わないでちょうだい」

「そんな」

「それに割とスタンダードな答えだと思うから使うだけ無駄かもしれないわよ」

「そんなにスタンダードですかね、これ」

「就活で面接の時、隣で同じこと答えた人がいてね。その時の面接官の顔が”あーいるんだよねぇこの程度で知ったような顔する新卒”みたいな顔をしていたわよ」

「その面接官が性格悪いだけじゃないですか」

「そうとも限らないわよ。理系であれば九割が知っている(和泉調べ)常識中の常識よ」

「(和泉調べ)が少し気になりますが、そこまで言うならもう少し考えます」

「そうしなさいな。悩め若人」

「和泉さんだって似たような歳じゃないですか」

「何言ってんの、社会に出てしまえば学生なんて皆若人に見えるわよ。夏休みが欲しい」

「やっぱり和泉さんでも長期休みが欲しいんですね」

「私だって仕事のために生きているわけじゃないからね。……ところで羽曳野くん」

「なんですか」

「……大学から少し離れるんだけど、気になるラーメン屋さんがあるのよ。ずっと気になってたんだけど、女ひとりで入るのは気が引けるから一緒に来てくれない?勿論おごるから」

「本当ですか?ありがとうございます。お店のラーメンなんていつぶりだろ」

「まだ晩ご飯には少し早いから、もう少しゆっくりしてから行きましょうか」

「そうですね。……ところで和泉さん、少し気になったんですけど、なんで好きな数字は6じゃなくて28なんですか?好きな理由が完全数で同じなら、若い方の6を選ぶのが普通だと思うのですが」

「あぁ、それはね

 

―・―・―・―・―・―・

 

2017年7月18日にめでたく28歳になりました。結婚して娘が生まれて学生時代以前とは打って変わって別世界に来たような生活の変貌ぶりに戸惑いながらも楽しく人生を謳歌しております。これからもよろしくお願いします。

 

 

博士の愛した数式 (新潮文庫)

博士の愛した数式 (新潮文庫)

 

 

冬の京都ではやるもの

↑どう読みましたか?

 

実際に私がとあるニュース番組の1コーナーで見かけた文章です。冬の京都でもバレンタインでチョコレートが売れるんやぞ、という内容だったと記憶しているのですが、画面の右上に今回のタイトルが書かれていたわけです。

「冬 の 京都 で はやる もの」

「冬 の 京都 では やる もの」

意見が別れるとするならばこの2パターンかと思います。実際に内容を確認した私は前者だと気付けますが、今回のタイトルのように突然ポッと出されて「さぁどう読む」となった場合、こういったトラブル(?)が発生するわけです。

テレビ番組や新聞などの見出しみたいに文字数制限がある場合、少ない文字数で相手に理解させる技術も勿論大事ですが、どう読めばいいのか一読しただけではわからない事故を防ぐための技術も必要であると個人的に思うわけです。

今回の「冬の京都ではやるもの」に関してですが、特に問題がないのであれば「冬の京都で流行るもの」と漢字を使ってもよかったのではと思います。さすがに「りゅうこうる」とは読まないでしょうし。しかし、新聞でもそうですが、変にひらがなを使っているのを見かけます。あれは、一体何なんでしょうか。そうしないといけないのでしょうか。常用漢字でも容赦なくひらがなになっているので、その辺りは関係なさそうです。報道業界に疎いのでよくわかりません。

 

個人的な話ですが、twitterではそういった読みにくさを発生させないように気をつけています。ただ、どうしても可読性を損ねる表現を使わざるを得ない状況に直面した場合、己の語学力の乏しさと読み手に対する申し訳なさでしょんもりするわけであります。文章書きあるあるだと思います。

アプリで自分好みのコーヒーをカスタマイズできるバリスタi(バリスタアイ)は多分間違いなく買うべきだと思ったぞレビュー

普段からネスカフェゴールドブレンドを浴びるように飲んでいる(そして妻に飲み過ぎと怒られる)私です。ご機嫌麗しゅう。

お湯を沸かして粉を入れて砂糖を入れてミルクを注いで沸騰したお湯を注ぐ。この工程の中にどうしても発生する目分量が私を困らせていました。粉の量、砂糖の量、ミルクの量、お湯の量そして温度。文字通り”さじ加減”で味が如何用にも変わってしまいます。はぁーぁあ、どないしよ。

 

そんな私の前に颯爽と現れたネスカフェゴールドブレンドバリスタi!!

そういえば実家でも初代バリスタを使っていたのですが、バリスタiはアプリ連携で私の理想に限りなく近づいていたので颯爽と紹介します。

 

 

f:id:shigesato:20161126100308j:plain

\イエーイ/

本体の大きさは(多分)ほとんど初代バリスタと変わりありません。ボタンひとつで

・エスプレッソ

・ブラック

・ブラック(マグサイズ)

カプチーノ

・カフェラテ

が作れます。カプチーノとカフェラテはあらかじめミルクを注ぐ必要があります。

そして更にバリスタiでは専用アプリが誕生しました。

 

f:id:shigesato:20161201151135p:plain

本体と連携すればBluetoothで繋がり、遠隔でコーヒーを淹れることができます。すごい!

……わかっています。「いや、ボタンでええやん」って言いたい気持ち、すごくわかります。私も数回で飽きました。

 

 

しかし、私が真に推したいのはそこではなく下にある「あなたのレシピ」の方。薄々お気づきの方もおるでしょうが……

f:id:shigesato:20161201151516p:plain

コーヒーの量と水の分量を自分好みに調整できるんです。素晴らしい。

初代バリスタにはなかった機能です。「常に一定の濃さはありがたいけど、もう少し濃い方がいいなぁ」と思っていた方も大満足。カプチーノでミルクを泡立てる際に使う水の量も調整できます。これらを調整できる量は限られていますが、溶け残りを考えると妥当なラインだと思います。

 

f:id:shigesato:20161201152902p:plain

本体に名前を付けることもできます。赤い彗星を顎で使ってコーヒーを淹れさせることも可能。素晴らしい。

 

 

f:id:shigesato:20161201152435j:plain

給水タンクも取手がついて持ちやすくなりました。指に引っ掛けられるので地味に嬉しいアップデートポイント。

 

 

いつでも同じ濃さのコーヒーがお手軽に飲めるようになるバリスタiは、今のゴールドブレンドが好きな人であれば絶対に買いです。粉も幾つかバリエーションがありますし、ネスレの公式サイトにある定期便を申し込めば本体代が無料になるキャンペーンもあるみたいです。こちらはいつまでやるのか不明ですので、お早めに。