ものかき夢想

ひたすらものかき

24

「ご主人」 「なんだ」 「今日誕生日ですよね」 「そうだ」 「わたくし、すっかり忘れておりました」 「唐突にしてメイドにあるまじき失態をサラッと言うんだなお前は。別に構わんが」 「馬鹿な。メイドが主人に対して忠誠を誓うなどというお花畑全開な思考…

未知の道

やる気が起きない。やりたいことは明確なんだけど、そのやりたいことに対して身体が動かない頭が回らない。特に不調というわけでもないのに、なんでだろ。

「ブログを毎日書かなきゃいけない」の呪縛

以前にこんなことを書きました。 ブログは無理に毎日更新しても良いことなんかないと思う、のお話 - ものかき夢想 今の私は日常において"ブログ"にあまり重点を置かずに生活をしております。ブログの書き方だとかブログデザインだとか少し派生してライフハッ…

私流の情報整理方法について

およそ小説には始まりも終わりもない。 ……これからお話しする内容とは関係ありませんが、印象的な書き出しだったので書いてみました。 情報の整理方法は、私が大学生の時からずっと頭を悩ませている話題であります。「情報は1冊のノートにまとめなさい」で…

ブログは無理に毎日更新しても良いことなんかないと思う、のお話

※下記の文章は「10万PV/月」や「1年間毎日ブログを書く」という目標を達成できずに海の藻屑となったへっぽこブロガーが書いております。過度な期待やアレはアレしてください。 ー・ー・ー・ー・ー・ー 私がブロガーやってた頃(今でもですが)、「月10万PV…

良いネタが浮かんだけど猛烈に眠い時、どうするか

どうしようもない時だってあるのです。 たとえば、ある事について無性に書きたくなったとします。今この時を逃せばきっと次はないだろうと思うくらいの、もやもやとした、それでいてしっとりとした、味わい深いネタが脳の甲板に飛び込んできたとしましょう。…

取材って大事だね、というお話

以前にこんなSSを描きました。 【SS】とある喫茶店でのお話 - ものかき夢想 読んでいただいた方はおわかりかもしれませんが、あれは私の実体験を基に描いております。一部フィクションが含まれていますが、本当にわずかな箇所なので敢えて明言はしません。 …

頭部に強い打撃を受けた本5冊 #headquake5

おそらくガラスの灰皿。もしくはよくわからん置物。 冗談はさておき、倉下さんがこんなエントリを書いていました。 R-style » 頭をガツンとやられた5冊の本 #headquake5 ふむ、衝撃を受けた本ですか。私もちょっと考えてみよう。ぬーん 西の魔女が死んだ (新…

第三者からしか見えない自分自身のこと

少し前に、深夜特有の"自分自身に辟易"タイムがやってきまして、その時にTwitterで「自分って何が出来るだろうか・利点ってなんだろうか」的なことをつぶやきました。そしたら、ぼちぼちと反応が返ってきたのです。その中の幾つかをここに書いてみます。 SS…

嫌なことを避けてもなんとかなる、というお話

今読んでる本がキリがいいので、気晴らしに文章書きます。 私は好きな事しかやりません。今までやりたくない事は極力避けてきましたし、これからもそういうスタンスでいくでしょう。言い方を変えると、「興味を持ったものに片っ端から触っていく」といった感…

【SS】とある喫茶店でのお話

1650年、イギリス・オックスフォード。デカルトが死んだこの年に"コーヒー・ハウス"が誕生した。コーヒー片手に新聞を読み、政治を語らう交流の場として、主に男性に好まれた。喫茶店の始まりである。 日本に本格的な喫茶店が誕生したのは1888年のことらしい…

「自己紹介 あなたへ30の質問」に回答!

なんかキャンペーンみたいだし、妙な懐かしさを覚えたのでゆるくやってみます。 ー・ー・ー・ー・ー・ー 「自己紹介 あなたへ30の質問」 01. みんなから何て呼ばれてる? 鳥の人、クソインコ、などなど 02. 自分の自慢できるところは? 改めて言われると思い…

混沌

知識と経験に関しては、イラストがよく槍玉にあげられます。「イラスト以外の事はしたくない」と言って学校へ行かなかったり、ろくに描きもしないでスランプだとか言っちゃったり。特にTwitterなどでよく見られます。 この現象、よく考えたら(よく考えなく…

ものかきとしてわたしがやりたいことまとめ

進撃の巨人を10巻まで読みました。続きが楽しみです。 さて、最近の私はものかきとしてのアレがアレしてアレなので、ちょっとここいらでこれからの行動指針の様な何かをまとめておこうと思った次第です。下に挙げたのは、できるだけ今年中に達成(もしくはで…

SSについて思ってること雑感

艦コレしながら書いてます。 最近ちょくちょくSSを描いてます。とある高校のとある一室でとある高校生男女2人が繰り広げるよくわからないぼんやりとした何か、です。ふとしたきっかけでこういうSSが描きたいなぁと思い、情報カードにひととおりまとめて今ま…

購読ブログを増やしたい。

ごろ寝ながら書いてます。はてなブログはなんだかんだで使い慣れていないので、どう使えばいいのかわからない状況です。例えば、個人的に気になるブログを効率よく購読するにはどうすればいいのか、とか、やっぱりお金かけてる人の記事ってそれなりに実が詰…

"文章を書く" について個人的に考察してみた

先ほどの記事で最後にこんな事を書きました。 ここ最近の私はとにかく”読んでもらいたい”一心で文章を書いています。その他の雑念はほぼないと言ってもいいでしょう。むしろ無くなってほしいくらいです。 記事を書き終わった後、「私にとって"文章を書く"っ…

ブログデザインを変更しました。

なんかカラフルな人が変えたから、というわけではなく、私も色々と思うところがあったのでブログデザインを変更しました。 いわゆる私の母艦はWordpressを使って運用している「Shigesato.com」で、そっちでは割とPV数とか読みやすさとかアフィの収益とか気に…

【所感SS】電子書籍について

SS

放課後のとある教室。外の喧騒からかけ離れた空間に、2人の男女が各々の世界を創りあげていた。背の高い男性は黙々と先人の知恵を詰め込み、背の低い女性は文明の利器をぺたぺた触っていた。 「ねぇ先輩」 「なんだ」 "先輩"と呼ばれた男は顔を上げずに意識…

【お題SS「炊飯器」】ふたりの食事

SS

「食は、人の心を豊かにする。 本来"食事"という行為は食欲を満たすものであるが、家族や友人ら、恋人らと色とりどりの食卓を囲むことは、食欲以外にも心的な欲求を満たす役割を果たしているらしい」 「……はぁ」 「冷凍食品を腹いっぱい食べても、何か物足り…

【SS】その瞳に映るもの

SS

「…………うるさい」 「へ?」 ある夕暮れの教室、2人の高校生が黄昏に紛れて思いおもいの時間を過ごしていた。背の高い男性は椅子に座って新書本と見つめ合い、背の低い女性は紅茶を飲みながらスマートフォンと戯れている。 「先輩どうしたんですか?何がそん…

【SS】あなたの趣味

SS

「せんぱーい、おとどけものでーす。あげませんけど」 「どういうこったい。……なんだいそれは」 「フィギュアです!あげませんよ?」 「いらんよ。そういうのは自分の部屋にかざりなさい」 「えー、いいじゃないですか。この部室、本ばっっっかりで全然かわ…

ライティングワーク 2013/05/21

130521 昨日は大変に疲れて大変に何も書けなかった。どうも体力の配分が上手くいかなかったようで。今日は別途ブログを書く力も温存できたので良かった。というわけで書いてる。情報カードを使い始めてだいたい1週間だけど、なかなか楽しいね。自分が今まで…

ライティングワーク 2013/05/19

1130519 昼過ぎすごく眠かったので寝てた。なんだかんだで3時間くらい寝ていたのでなんだかムダにした気分。気分もあまり乗らないから何とかしたいんだけど、どうしたらいいかな。何か気つけみたいなものがあればいいのだけど。うむー。本を読むのも体力が…

ライティングワーク 2013/05/18

130518 また本を買った。今度は童話とか語録とかその辺。ブックオフで半額セールやってたからついつい買ってしもうた。10冊くらいで1100円くらい。いい買いものをした。ヴェニスの商人を初めて通しで読んだけど、あれ面白いな。ほとんどトンチの領域だけど、…

ライティングワーク 2013/05/17

130517 本を買った。作文技術と神話の本。もう一冊知的生産の本が欲しかったんだけどなかった。他の店を探せばあるかな。でも古本で3冊850円は高いと思う。主に天使と神の本。1冊300円ってなんだよ高いよなんで買ったよ。面白かったよ。作文の本はしっかり…

ライティングワーク 2013/05/16

130516 スカイプでゲームの話でもちきりになってる。今のゲームはもっぱらロードが長いだのコンシューマは飼うまでの道のりが厳しいだのさんざんな言われよう。そして今はソシャゲとかばっかり。ケータイもってりゃそうなるのかな。雨やだな。雨はぬれるから…

ライティングワーク 2013/05/15

130515 情報カードを飼う。方ガンがなかったので無地を買ったが、あきらめきれずに探したら見つかった。この無地どうやって使おうか……何も思いつかない。これが終る頃に思いつくといいけど。あとはハコか。いい具合の箱が見つからなかったのでまた探す。何枚…

ライティングワーク 2013/05/14

「自分の書く文章は価値がない」を抜け出すライティング・マラソンという方法←自己検閲を振り切って書きなぐるために 読書猿Classic: between / beyond readers ここに書いてあるやり方を参考にライティングワークを敢行。楽しかったので、ノートに書いた文…